Windows Desktop版Kindleが日本語対応 : 今更ながらリポート

★ これで読書できる

このブログを始めた当初、Windowsタブレットで電子書籍リーダーソフトは皆無でした()。今もその状態は余り変わってなくて、Androidタブレットに比べると寂しい限り。でも、やっと、いきなり(?)本命のKindleが日本語対応してくれたことで、Windowsタブレットの読書環境も大きく改善したのでありました。残念ながらWindowsアプリ版ではなく、Desktop版ではあるのですが、ないよりは百倍良いでしょう。
ということで、リリースからだいぶたってしまいましたが使ってみた感想を紹介。

まずはKindleソフトウェアのダウンロード&インストールです。と言ってもDesktop版ですから、Amazon.co.jpのサイトに行ってインストーラーをダウンロードして実行するだけです。下記のリンク先ページからダウンロードできます。
Kindleのダウンロードはこちらから
リンク先はこんな感じのページになってます。
Kindleのダウンロード

★ 立ち上げてみた

立ち上げて、Amazon.co.jpの(Kindleの)アカウントでログインすれば、既に購入済みの書籍一覧が出てきます。このあたりはハードウェア版のKindleと同じ。
デスクトップ版Kindle

ただし、ここではまだ本の表紙だけがダウンロードされている段階。読みたい本を二度、タップする(ダブルクリックする)と、中身をダウンロードし始めます。こんな感じで手元に置いておきたい物だけを選んでダウンロードしてください。ダウンロードが始まると、本の表紙の下に進捗を示すバーが現れ、どこまで進んでいるか分かります。
ダウンロード

雑誌だとこんな感じ。小説など、文字主体の本ならばe-InkディスプレイのKindle PaperwhiteKindle Voyageがいいんでしょうが、写真を多用している雑誌はカラーディスプレイじゃないと。だいぶ型落ち感の強くなってきたICONIA W3-810ですが、まだまだいけますね、これならば。
雑誌の表紙

もちろん、普通の本も読めます。
読書中

ハードウェア版Kindleと同様に、文字の大きさや背景色を変えることもできますよ。私は、一番右のセピアが気に入っています。

バックが白 バックが黒 バックがセピア

あと、辞書をダウンロードすれば、意味の分からない単語をその場で調べることができるのも同じ。初めて単語の意味を調べようとした時、自動的に辞書のダウンロードが始まります。なお、(一部の)辞書は無料です。
辞書のダウンロード
辞書ダウンロードが終わればこんな感じで、単語の意味を表示してくれます。これは英和辞典ですが、他にも英英辞典や国語辞典なども無料でダウンロード可能です。
辞書で単語チェック

ということで、さらっと見てきました。アプリ版ではないので、タブレットをさっと取り出し、ぱっと起動、という訳にはいかないのが難点。でも、席について落ち着けたら大丈夫でしょう。これまでは旅行の際にWindowsタブレットとは別に、Kindleを持っていかねばなりませんでした。が、これからはWindowsタブレット一台でOKということ。うむ、便利便利。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です