Lenovo MiiX 2 8 : 外観・I/F・重さ

レノボ・ジャパン株式会社さんからLenovo Miix 2 8(Windows8.1/8inchサイズのミニタブレット)をお借りしました。

★ 外観とI/Fをチェック

● 裏面

表面は「Lenovo Miix 2 8 開梱の儀&同梱物説明」で写真を載せているので、まずは裏面から。シルバーでスッキリ。”lenovo”のロゴがかっこいいですな。

裏面

”lenovo”のロゴがシルバーに輝いています

裏面上端には500万画素のカメラ(レンズ)とスピーカー
スピーカーの性能はぼちぼちかな。音楽を聴くならばヘッドセットにしましょう。
カメラは意外と使えます。こちらを見てください:Lenovo MiiX 2 8 カメラの性能を試す

裏面上端

カメラとスピーカー

● 側面

全体的にシルバーで統一されているので、とてもスッキリした印象を受けます。そのため、薄さが見た目で損なわれないのがいいデザインです。
左側面はとてもシンプル。というか、なにもありません

左側面

スッキリしてます

右側面に端子とボタンが集中配置されています。横向きにしたとき、こちら側が上端になるので、それを意識しての配置なのでしょう。
上部には電源ボタンと音量ボタン(シーソー式)が配置されています。

左側面上部

ボタンもシルバーで統一されています

下部にはmicro USB端子とmicro SDカードスロットが配置されています。カードスロットはカバーが付いていて、誤って取り出してしまうことを防いでいます。

左側面下部

SDカードスロットの右側はSIMカード用のスペース。でも、この機種は未対応

● 上端

上端にはコンボオーディオ端子が一つあるのみ。スマートフォンと見た目は同じです。ここにピン・アクセサリを挿してもいいかな?!

上端

スマートフォンのような見た目

★ 見た目のおまけ

見た目で印象的なのはその薄さです(8.35mm)。いつも使っているAcer Iconia W3-810と比べてみるとこんな感じ。350 gという軽さはもって見るとすぐに分かるのですが、見た目のスッキリさも心理的に効いているのか、さらに軽く感じる気がします。

厚み比べ

Iconia W3-810と比べてみました。薄いなぁ

Windows8.1搭載のミニタブレットは「仕事でも使える」のがウリの一つ。その場合、(Bluetooth接続の)キーボードとマウスは必須と言えるでしょう。Lenovo純正品を持ち合わせていないので、Acer Iconia W3-810用のキーボードと、汎用マウスを繋げてみました。これならばカフェで仕事も可能。ノマドワーカーにすぐなれますよ。

ノマド風景

Iconia W3-810用のキーボードと組み合わせてみました

上述の通り、Miix 2 8はIconia W3-810に比べてだいぶ薄いので、Iconia W3-810用キーボードにセッティングすると傾き過ぎちゃう。まあ、人の方で角度を合わせて覗けばいいので使用には問題なかったです。別にスタンドを使えばさらに問題ないでしょう。

薄い!

薄いので、Iconia W3-810用キーボードだと倒れ過ぎちゃう。使えるけどね

パーソナル・ユースには全く問題なし。軽いし、カメラもそこそこ使えるし、旅先に持って行くにはぴったりでしょう。
ただ、仕事で使うにはビデオ・アウト(HDMI端子など)がないのがちょっと寂しいかな。

★ 購入先サイト

直販サイトでのMiix2 8の販売は終了してしまったそうです。あら、残念。

Amazon.co.jpならば購入できます。




One thought on “Lenovo MiiX 2 8 : 外観・I/F・重さ

  1. Pingback: DELL Venue 8 Proを触ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です