Iconia W3-810に、最新の Windows 8.1 Update をインストールしてみた

★ 結論から言うと

巷で話題になっている、Windows8.1 UpdateをAcer Iconia W3-810にインストールしてみました
でも、見た目、変わりません。今回の変更が、タッチパネルを持たない(マウスとキーボードで操作する)デスクトップパソコンをターゲットにしたもので、タブレットだとUser I/F上の変更がマスクされてしまってます。
まあ、セキュリティ関連のパッチも含まれているようですから、当てておくべきでしょうが。

★ インストールの仕方

やり方は「最新の Windows 8.1 Update をインストールする – Microsoft Windows ヘルプ」に詳しく書かれていますが、簡単に手順を書くと

  1. チャーム呼び出し : 画面右からスワイプ or Windowsキー+”c”(ショートカット) or マウスでカーソルを右下隅に持っていく
  2. 「設定」を選択(タップ or マウスでクリック)
  3. 「PC設定の変更」を選択
  4. 「保守と管理」を選択
  5. 「Windows Update」を選択
  6. 「今すぐ確認」を選択
  7. 更新プログラムのリストが出てくるので「詳細の表示」を選択
  8. 今回の更新プログラムは”KB 2919355″になります。最低限、これを選んで実行すればOK。もちろん、他の更新プログラムも一緒に当てておいた方が良いでしょう
  9. 「インストール」を選択し、実行
  10. Updateが終わると再起動を求められるので、リスタートさせる

私がやったときは、なぜかリスタートではなく一旦、シャットダウンしてしまいました。その後、普通に起動させたら更新プログラムが再度動きだし、無事に終わり。再現させることができませんから、原因不明です。

★ 新機能

Iconia W3-810のようなタブレットだと、見た目の変化はなし。「Windows 8.1 Update と Windows RT 8.1 Update の新機能 – Windows ヘルプ」によると

  • 『電源』と『検索』ボタンがスタート画面に”常駐”
  • 起動中アプリはデスクトップのタスクバーにもピン留めされる
  • ログイン直後に立ち上がる画面をデスクトップにできる
  • アプリにも上端に『最小化する』『閉じる』ボタンが付いた

などの変更が為されています。
Iconia W3-810では確認できませんが、デスクトップのPCにも同時期に同じupdateをかけましたので、そちらを見てみると、
電源ボタンのように、確かにスタート画面右上に電源ボタンが現れています。
また、アプリをいくつか走らせた後にデスクトップ画面に行くと、このようにタスクバー上にピン留めされていました。
ピン留め
見た目の変化はありませんでしたが、動作が安定するなどの効果はあるのかな。それに期待して、しばらく様子を見ることにしましょう。さて、調子は良くなるかな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です