Iconia W4-820 発表&予約開始

★ 12月中旬発売開始

9月に一部展示会で発表されてからまだかまだかと思っていましたが、やっとAcerのオフィシャルサイトでプレスリリースが出ました。
   「Windows 8.1 搭載の 8 型液晶「Iconia W4-820」を発表 ~ Office 搭載で、オンもオフも自在に使える1台2役のミニタブレット ~」
特徴としてあげられているのは

・斜めからでも画像が鮮明な視野角170度のIPSパネルを採用。色ムラや色変化の少ない鮮明な映像表示を実現しました。
・最新のWindows 8.1およびクアッドコアのインテル Atom プロセッサー Z3740を搭載。4つのコアでアプリやコンテンツを快適に動作します。
・前モデルより約85gの軽量化を実現。415gのコンパクトなボディは、女性やお子様の手に馴染むサイズです。
・Micro USB対応により、手軽に充電が可能です。

★ ここが良くなったようです

CPUも最新のものになり、液晶パネルも良くなったようです。
Micro USBで充電可能になったのは良いですね。現行機種のIconia W3-810は専用端子だったので、充電が不便だった。W4-820であればより手軽に充電できそう。これは羨ましい。
あと、85gの軽量化も大歓迎。ちょっとずしっとくる感じがしていたので、それが解消されたのならばグッドです。
あと、MS-Officeがバンドルされているのは変わらないのですが、これまで同様のHome and Business 2013をバンドルした機種(Iconia W4-820/FH)と、Personal 2013をバンドルした機種(Iconia W4-820/FP)のラインアップが用意されています。違いは、PersonalにはOneNoteとPowerPointが入っていないという点。PowerPointはビジネスユースだから分かるけど、OneNoteは個人でも充分に役立つもの。私としてはおすすめのツールですけどね。まあ、Evernoteがあればいいかもしれないけど。

★ 周辺ツールも一新?

本体の世代交代に合わせて、周辺ツールのキーボード(W4-BTKB)、本体カバー(W4-Cover-??)も新たな型番がつきました。W3とW4、大きさはほとんど変わらないようですが、キーボードは変更があったみたい。サイトには小さな写真しか載っていませんが、本体立て掛け部分に変更が施されているようです。サイトからダウンロードできるカタログ「S7-391-F74Q_H1-4_1106 – Iconia_W4-820_201311.pdf」を参照してください。

★Office Home and Business2013インストール版

★Office Personalインストール版

以上、取り急ぎAcerのサイトからの情報でした。




One thought on “Iconia W4-820 発表&予約開始

  1. Pingback: ICONIA W4-820を触ってきました。軽い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です