Outlookの初期設定


Outlookへようこそ

Outlookへようこそ

★ メールサーバーとの連携

Outlookを最初に起動すると、「メールアカウントと連携するか?」と聞いてきます。Windowsにログインするため、IDとして既にメールアカウントの設定をしていると思いますが、ここではそれも含め、複数のアカウント(メールアドレス)を登録することができ、それらを一緒に扱うことができるようになります。この辺りはGmailなども同じ機能を持っていますから、慣れている人も多いでしょうか。

スタンドアローンというか、他のメールアカウントを使用しない・連携しない選択ももちろんできます。そのため、最初に「電子メールアカウントに接続するようにOutlookを設定しますか?」の質問がありますので、Yes/Noで答えましょう。
私の場合、so-netで使っているアドレスと連携をしてみました。

メールアカウント接続

メールアカウント接続確認

指定は簡単。連携したいメールアドレスとパスワードを入力するだけです。自動的にそのメールサーバーにアクセスし、設定をしてくれます。
便利になりましたね。昔はPopサーバーの名前を指定したり、なんやかんやと設定しなければならなかったのですが、そんなことは自動的にしてくれちゃうのでした。

メールサーバ探索

メールサーバ探索

無事、so-netのPopメールサーバを探し当て、裏でログオンする設定もしてくれました。これでPOP3サーバーとしてso-net側サーバーが動きますので、メール(のコピー)を自動的に手元のIconia W3上Outlookへとダウンロードしてくれるようになります。

設定完了

設定完了



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です