Officeの初期設定




★ Officeセットアップ手順

Officeを使い始める際、初期設定が必要です。Office自体はもちろん、プリ・インストールされている訳ですが、いわゆるユーザー設定をすることになります。といっても手順は

  1. セットアップ用アプリを起動
  2. プロダクトキーを入力
  3. いくつかの設定を行う
  4. SkyDrive連携

程度で入力項目は多くありません。
人がやることは少ないのですが、タブレット内部ではいろいろとプログラムが働くのでしょう、時間はそこそこかかります(10分程度だったかな)。すぐに使いたいとなるとイライラしちゃうかも知れません。事前に設定は済ませておきましょう。

★ 設定の流れ

Office設定前のスタート画面には、Office設定用アプリが一つあるだけです。こいつをタップして起動しましょう。

Officeセットアップ前

Officeセットアップ前

最初の設定はプロダクトキーの入力です。Iconia W3 開梱の儀 同梱物紹介で説明しました「Officeのライセンス」の中にカードが入っていて、そこにキーが書かれています。英字と数字が混ざった文字列です。

Officeプロダクトキー入力

Officeプロダクトキー入力

次は、Officeの品質向上に協力するか否かを選ぶ設定です。Officeが異常終了した時などにその情報をMicrosoft社に提供(送る)かどうかです。もちろん、「そんなのお断り!」(いいえ、を選ぶ)とすることもできます。

Office品質向上

Office品質向上

Officeの背景選択です。背景と言っても、ツールバーの背景程度ですから、普段使っている時はちょこっとしか見えないですけどね。
なお、後から変更する場合はWordやOutlookなどの各アプリで ファイル⇒アカウント⇒Officeの背景 とメニューを選んでいくとできます。
背景として用意されているのは以下の通り。

  • 背景なし
  • カリグラフィ
  • ランチボックス
  • 円と縞模様
  • 回路
  • 学用品
  • 幾何学模様
  • 手書きのダイヤモンド
  • 手書きの円
  • 水中
  • 年輪
  • 麦わら
Office背景

Office背景設定

SkyDriveに連携。といっても、その説明だけです。実際には各アプリを立ち上げた時に接続となります。Windows自体にログイン設定した時、既に連携設定が為されています。
SkyDriveでファイルを管理すると、このIconia W3だけでなく、他のデバイス(パソコン)からも同じファイルを共有できるので、便利ですね。一つのファイルを複数の人が別々の場所(デバイス)で編集することも設定によってできるそうです。

Office-SkyDrive連携

Office-SkyDrive連携

設定にそこそこ時間がかかるため、その間に簡単なものですが、Officeの説明を見ることができます。「見ない」設定もできますが、時間はありますから眺めておいて損はないでしょう。

Office準備中説明

Office準備中に説明が見られます

ということで、めでたく初期設定が終了しました。この画面が出れば無事に終了です。

Officeようこそ

Officeようこそ

スタート画面に戻ってみましょう。最初はOffice設定用のアプリが一つだけでしたが、Excel、Outlook、Word、OneNote、PowerPoint、SkyDriveの各アプリが現れました。さあ、これでOfficeが使い始められます。
当たり前ですが、SkyDriveを既に使っていてそこにOfficeファイルが置いてある場合、そのファイルをすぐに編集し始めることができます。これでパソコンの前にいる時だけではなく、Iconia W3を持ち出して、カフェや図書館などで仕事ができますね!

Office設定後のスタート画面

Office設定後のスタート画面



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です