開梱の儀・そして同梱物

★ 開梱の儀

箱天面

パッケージはこんな感じ。

“Desktop” (机の上)をイメージしているんでしょうか、このパッケージデザイン。メガネや時計は「仕事に使えるよ!」って感じを出そうと言うことでしょうか。

箱側面

箱の横はこんな雰囲気。

手のひらサイズだよってことを示しています。でも、私は手が小さいので、こんな風にはならないな。台湾のメーカーですが、この辺りはアメリカンサイズを意識しているのでしょうかね。

箱側面2

もう一方の側面。ラゲージタグかな、これ。旅を連想させ、モバイル機器だぞってことを示しているのでしょう。

もう一方の側面。なかなかお洒落です。

セキュリティシール

チェック済みの封印

チェック済みを示す封印用シールが貼られていました。「シールが破られていたら、中身をチェックすべし」とあります。もちろんですが、破れていることはなく、きっちりと封がされていました。中身は大丈夫ですね、これならば。

開封!

いざ、開封です。

封印用シールを切り、ふたを開けました。こんな感じです。フタの部分に何か入っているような感じがしますが、これは(たぶん)フタを強化するために二重にしているだけで、何も入っていませんでした。

★ 同梱物

箱の中身は何だろうな?と言うことで、一つずつ引っ張り出してみました。

必ずお読みください

「必ずお読みください」がポルトガル語、オランダ語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、日本語で記されています。

まず目に入るのはこの注意書き。「必ずお読みください」とのこと。

  • 初めて起動するときは電源コンセントに接続し、バッテリーが有効化されていることを確認する。
  • 初めてスタートアップし、システムを設定するには最大で30分かかる。
  • この処理は通常通りに起動させて行う。
  • スタートアップを行う間は電源を切らないように。

とあります。

簡易マニュアル

簡易マニュアル。電源の入れ方、画面操作の仕方など。

数ページの、簡単な操作マニュアルです。電源の入れ方や画面の操作(どこをタッチしろ、といったこと)、シャットダウンの仕方などが記載されています。

Office

Officeのライセンス。

MS-Officeのライセンス(プロダクトキー)が入っています。「初回起動時には、同梱されているプロダクトキーの入力とライセンス認証が必要です」とあります。設定の時に引っ張り出してきましょう。

しっかりと”Home & Business 2013″と書いてありますよ!入っているソフトとしてWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNoteの名前があります。うむ、仕事に使えますね。

故障のときは

「修理依頼書」

故障して修理が必要になったときの手順が書かれています。これが依頼書になっているので、何かあったらこれに書いてカスタマーサービスセンターに送るそうです。そうすると指示があるのかな。まあ、使わないで済むことを祈りましょう。

保証書

保証書

保証書です。ちゃんと紛失しないようにしまっておきましょうね。

本体

本体。この後ろにケーブル類が入っています。

本体がぽんと入っています。傷が付かないように、保護シートが全面に貼られています。

本体の裏

本体を外すとこんな感じ。

意外と中はスッキリ。あら、こんなものですか。別に、以前話題になった”スカスカおせち料理”って訳ではありません。ちゃんと必要充分な付属品が入っていますよ。

クイックガイド

クイックガイドとhulu一ヶ月お試し券

またまたクイックガイドが入っていて、電源の入れ方などが記されています。日本語だけで書かれているので、推測ですが、これは日本エイサーさんが日本向けに作成したものかと思います。

おまけの「hulu 1ヶ月無料トライアル」券が入ってました。でも、これって新規登録時のみ。前にトライアルしちゃった私には不必要なものでした。初めての人は有効に使ってくださいな。

ACDC電源

ACDC電源本体

日本向けコンセント

日本向けコンセント

全世界共通仕様のタブレットだけあって、電源は本体とコンセントが別々になっていました。日本(やアメリカなど)はこの二本脚ですが、丸い棒の奴だったり、ハの字型だったり、アースが付いた三本型だったりと、コンセントの形状は色々ありますからね。他の国用の機種だとこの部分だけが違うものが附属するのでしょう。

電源完成

完成!

コンセント部分をくっつけて完成。これで充電ができます。
  入力:100-240V, 0.6A, 50-60Hz
  出力:12V, 1.5A
となっています。これを見ても、コンセント部分を取り替えれば、世界中どこでも使えることが分かりますね。

 

途中でも書きましたが、中身は意外とあっさり。分厚いマニュアルは入っていません。必要に応じてオンラインのヘルプファイルを参照せよ、と言うこと。OSやアプリケーションはどんどんバージョンアップしますからね。印刷したマニュアルではすぐに陳腐化してしまうので、このパターンが正しいでしょう。

以上、同梱品の紹介でした。



 

One thought on “開梱の儀・そして同梱物

  1. Pingback: Lenovo Miix 2 8 開梱の儀&同梱物説明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です