Go to ...

科学だって事件である

科学・テクノロジーのニュース、、、いや感想かな

RSS Feed

2017-12-15

染料ではない染色 Tiny ‘supraballs’ by Science News


情報源: Tiny ‘supraballs’ put a new spin on creating long-lasting color | Science News

ものに色を付けるには、色素を持ったものを塗りたくる、つまりは絵の具やらなんやらを塗るというのがラスコーの壁画の時代から使われてきた手法。石や貝を砕いたり、草花の汁を搾ったりして染料を作ってきた。
でも、自然界には別の“染色”の方法がある。“structural colr(構造色)”と呼ばれるもので、CDのキラキラした盤面や、蝶々の羽根、シャボン玉の虹色模様などがそうだ。それ自体には色素はなく、表面の微細な構造が回折格子のように干渉を起こし、見るものに色として認識されるのだ。
ただ、どのような構造だとどんな色になるのかこれがなかなか難しかった。それを、メラニンによる微細なボールを並べる形で欲しい色を出すことに成功したのだそうだ。と言っても、今のところはolive, orange-red and navy blueの三色のようだが。
とは言え、色素による染色よりも耐久性があるとのこと。ラスコーの壁画が二万年の時を経て色を保っていたのだから、こちらはさらに遙か未来まで色彩を保てるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Stories From Science News

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。