Go to ...

科学だって事件である

科学・テクノロジーのニュース、、、いや感想かな

RSS Feed

2017-10-21

「ゴキブリは潰されても、殴られても生き残る」 by ナショジオ:不死身か、こいつら?!


WATCH: Researchers put cockroaches through a series of obstacles to test their limits in tight spaces.

情報源: Watch: Cockroaches Survive Squeezing, Smashing, and More

ナショジオのサイトで、ゴキブリが持つ脅威の能力を示す動画が公開されてました。
ゴキブリというと、「三億年前の古生代からそのままの姿を保った、進化の完成形」だの、「核戦争後にも生き残る種」などと言われていますが、その“評価”は都市伝説的なもので、実際はそこまでではないとの話も。でも、この動画を見ると、核戦争はともかく、人間との戦いには圧勝しちゃうだろうなと思ってしまいました。こいつらを倒すにはどうすればいいんだ?!と叫びたくなりますよ。

出てくる動画は、

  • 高さ3 mmの隙間をくぐり抜けるゴキブリ
  • 高さ12 mm、9 mm、6 mm、4 mmの狭い通路を猛ダッシュするゴキブリ
  • 900回、身体が半分になるくらい押しつぶされたあとに、平然と起き上がるゴキブリ

というもの。
通路猛ダッシュは、余りに素早いので10分の1スローモーションになってます。人間で言うと、匍匐前進で猛ダッシュしているようなもの。いやはや、これでは新聞紙やスリッパでたたきつぶそうとしても逃げられるのも無理ない。
押しつぶし、人間だったら骨が粉々になっていそう。しなやかな外骨格は、サイヤ人の着る戦闘スーツのようなものかも知れません。

いやはや。こいつらが目の前に出てこないことを祈るばかりです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Stories From Nationalgeographic

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。