Go to ...

科学だって事件である

科学・テクノロジーのニュース、、、いや感想かな

RSS Feed

2019-11-20

寄生されると腹が減る Science/AAASの記事から


Diet switch allows wasp parasite to grow fat inside caterpillar

情報源: Parasite gives its host the munchies | Science/AAAS | News

記事によると、Tiger moth(ヒトリガ)に寄生するあるCotesia nr. phobetri(ジガバチ)は、ヒトリガの幼虫に卵を産み付ける。するとヒトリガの幼虫は普通よりも多く(30%)の餌を摂取するようになり、自分の体内で孵化したジガバチの幼虫たちにせっせと栄養を供給するようになるのだそうだ。炭水化物が欲しくてたまらなくなるらしい。
寄生した生物が、宿主を“操る”というのは多くの例があるが、これもその一つ。自分の身体をむしばむ連中のために餌を一杯食べるようになるとはなんとも恐ろしい。こんな能力も自然淘汰の進化の中で獲得されていったのだろうけど、不思議なものです。

寄生虫ダイエットなんてのがあると聞くけど、操られて余計に一杯食べるようになり、かえって太ってしまうなんてことになっちゃうかも?!まあ、あれはサナダムシを使うらしいので、ジガバチとは違うでしょうけど、サナダムシにも宿主を操る知られざる技があるかも知れないし、変なマネはやめた方が良いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

More Stories From Science Magazine

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。