データサイズ(解像度)とプリントとの関係

HTC Jのカメラ設定(解像度)によるデータサイズの違い

HTC Jでは用途に応じて写真サイズを五段階に設定できるようになっている。サイズは以下の通り。
比較のため、だいたい同じくらいのパソコン画面解像度も並記した。つまり、この解像度のパソコンでこのファイルを表示すると、ほぼ画面一杯になるということ。

  1. 8M 3264 x 1840 pixel : WQHD+ (4K放送程度)
  2. 5M 2592 x 1456 pixel : WQXGA
  3. 3M 2048 x 1152 pixel : QWXGA(16:9の横長画面)
  4. 1M 1280 x 720 pixel : WXGA
  5. 小 640 x 368 pixel : VGA

切り替えは、カメラを起動したあとに設定ボタン(歯車型のアイコン)を押し、「画像の解像度」タブを選択するとできます。

L判でプリントするのに必要な解像度は?

あまりに低解像度だと、出たての頃のデジカメ(といっても、もう知っている人も少ないかな?)で体験したような、粗々・ギザギザ・ぼけぼけのプリントになってしまうかも知れません。普段はメールでやりとりするくらいだからと低解像度に設定していると、いざという時に困るかも。まあ、最近はスマートフォン自体の画面解像度が上がっているので、それで見るだけでもそれなりの解像度が必要ですね。ちなみにHTC JはqHD (Quarter HD) 960×540という画面解像度です。これだと、1Mの指定で画面一杯になります。

実験してみました。同じ被写体を上記の1~5の設定で撮り、それをL判でプリント、さらにスキャンしたのが以下のデータです。1~3の設定では全く見分けが付きませんね。問題は4と5かな。でも、VGA程度の解像度でもL判ならばそんなに気にならないのが分かりました。これは意外な結果。さすがにもう一回り大きくないといけないと思っていたのに。2L判だとまた違ってくるかも知れませんが、L判でしかプリントしないよと言う人にはこれで充分かも。まあ、余裕を見て4の1M (1280 x 720)の設定にしておけば安心ですね。
ちなみに私はA4判でプリントすることもあるので、いつも最高画質にして撮っています。

1~34~5



<==メニューに戻る

カテゴリー: Colorio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*